関係が崩れたあとのことを考える



身近な人をセフレにするメリットの裏にあるのが、身近だからこそ関係が崩れたときの悲惨さです。
その覚悟を持って身近な人をセックスフレンドにするようにしましょう。
思っている以上に修羅場を迎えることがありますので、認識はしておいた方が良いでしょう。

ふたりの関係が危うくなる

セフレという関係を解消した後に訪れやすいシチュエーションは、無言の世界です。
あんなにSEXをして体を重ねたのに、セックスフレンドという関係に終止符が打たれると、その後の関係は歪なものになります。
どうしても話をしなければならないようなときであっても、他から見ると「なにかあったのか?」と疑われるような会話になることが多いでしょう。

特に不倫をしている人は注意

出会い系サイトや逆援助SNSといったコミュニティで不倫が発覚した場合、そこで終止符が打たれることが多いのですが、身近で顔を合わせるような関係であった場合、相手側から慰謝料を請求される可能性があります。
不倫にはそのリスクがありますので、人妻や不倫という関係のセフレであれば、そのリスクを考慮しておいた方が良いでしょう。
また関係解消のあと、ちょっとしたことでセックスフレンドだったということが周りに発覚することも良くあります。
そのような時、その周辺のコミュニティにいることが辛くなることもあります。
いつでも手が届きそうな身近な人をセックスフレンドにするというのは、このようなリスクがあることを自覚しておきましょう。