てれクラで関係を崩さないための気配り

セフレとしての関係を築き、そして維持したいのであれば相手に気配りをする必要があります。
それは恋人以上のものが求められることもあり、何のためのセックスフレンドなのか?わからなくなることもあるでしょう。
セフレというコミュニティを維持するためには、てれクラ相手への配慮を忘れないようにしましょう。

忘れてはいけないこと

「なぜセフレが必要なのか?」をよく自分の中で認識することが大切です。
SEXがしたいのであれば、恋人を作る、または風俗に行くという選択があります。
しかしてれクラが必要というのは、セフレというメリットがあるはずです。
都合の良いときにできる関係、そして純粋にSEXだけを楽しむ関係。
それを忘れないことがまず大切です。
そのために何ができるのかを考えると、必然とその答えが出てきます。

物として扱わないこと

いくらセックスフレンドであっても、物として扱わないことです。
特に男性に多いのですが、互いに都合の良い関係であることを確認しているような場合でも、女性を性道具のように扱う男性もいます。
そのようなてれクラ関係はいずれ崩壊するでしょう。
いくらセックスフレンドであっても、女性の気持ちを考え、女性に癒しや安心感を与えることも大切です。
それが恋心を与えるものになろうとも、そのようなものが必ず求められます。
やりたいからセックスフレンドになったということを互いに自覚していたとしても、やはりSEXやエロイプ募集をするための道具のように扱われると、女性は傷つくものです。
その点は男性はしっかりと配慮しましょう。