契約みたいな観念

セックスフレンドというものは契約のような関係だと感じます。
言うならば「僕と契約してセフレになってよ」みたいなものです。
セフレの定義としては必要なことは、互いにとって都合の良い関係です。
もっとも重要なのはこの「互い」といった部分になるでしょう。

契約書がない契約

互いにSEXを楽しめるコミュニティ、2人だけの秘密のコミュニティがセックスフレンドになるでしょう。
どちらかが楽しむことができなくなった、またどちらかが本気になってしまった場合、このコミュニティはすぐ崩壊してしまいます。
ただSEXを楽しむ契約さえあれば、長続きする関係です。
2人にとって都合の良い関係を築けるような契約を交わしてください。


契約履行できる人物を選ぶ重要性

契約が壊れるようなことを、すぐにしてしまいそうな人をセフレに選んでしまうと、その後の関係に溝ができます。
よって純粋にSEXを楽しめそうな人と契約する必要があるでしょう。
これは長く付き合ったりしないとわからないことでもありますが、すぐに恋に落ちてしまいそうな人は避けるようにした方が無難です。
しかし人間というのは、体を重ねるような関係になると何が起きるのわかりません。
この履行できる人物を見つけるというのは、正直に言って難しいです。
間違っても「契約」といった関係を強調してはいけません。
互いの私生活に干渉しないように、都合の良い関係を築けるためのセフレというコミュニティを作れるようにしましょう。